Vision+ FAQ

Vision+

PowerRayのVision+メニューを教えてください

Vision+のメニューをご案内します

 

操作画面のメニュー

 

設定画面内のメニュー

PowerRayの操作モードを教えてください。

PowerRayの操作モードは4種類あり、設定のスティックモードからお選びいただけます。

※スティックモードの選択画面

 

モード1

 

モード2

 

モード3

 

モード4

アプリはどこからダウンロードできますか。

こちらに一覧でご案内しています。

 

PowerRay、PowerEgg、PowerSeekerの操作に利用するアプリがVision+(ビジョンプラス)です。

PowerRayの画像データをパソコンに取り込むソフトウエアがPowerView(パワービュー)です。

 

動作確認端末のご案内はこちら

PowerRayのアクティベーションの流れを教えてください。

PowerRayのアクティベーション手順

ステップ 1

スマートフォンとPowerRayベースステーションを接続します

WiFi名:PRA_Station_XXXX,
初期パスワード:1234567890
接続後、Vision+Appを開き、”アクティベーションする”をタップします

 

ステップ 2

“確認する”をタップします

 

ステップ 3

スマートフォンの画面でPowerRayベースステーションとの無線LAN接続(WiFi名: PRA_Station_xxx)を解除し、インターネットへ接続します。インターネットに接続した状態でVision+Appへ戻ります

 

ステップ 4

Appへ戻ると”確認する”と”キャンセル”のボタンが表示されます。そこでもう一度“確認する”をタップします。タップするともう一度、スマートフォンの設定画面に戻ります

 

ステップ 5

ステップ 1で行ったようにPowerRayベースステーションに接続します。接続が完了したら、Vision+ Appへ戻ります

 

ステップ 6

Vision+ Appに戻ると”アクティベーションが成功しました”のメッセージが出ます。OKボタンをタップしてください。
”PowerRayスタート”をタップし、カメラの画像が映っていることを確認してください。

 

※陸上ではモータのロックは解除できません

※アクティベーションに失敗した場合は、PowerRayベースステーションを再起動してから、上記のステップ1から5をもう一度実行してください

 

モータのパラメータが0%になりました。故障ですか?

PowerRayのモータがVision+アプリのパラメータチェックで0%になる原因は、故障の場合とご使用の自然経過によるものと二通りあります。動作時間とモータのパワー両方で計算がされているためこのようになります。

 

故障と自然経過によるものの見分け方としては、3つのモータパラメータのうち1つのみが他2つと比べて10%以上の差分で減っていたり、1回の航行で10%以上減少するような場合は故障が疑われます。

 

モータのパラメータが3基ともおおむね同じ割合で減少していて、一度の航行で5%程度の減少であれば自然経過によるものです。パラメータチェックでは問題なくご使用いただいている場合でも、おおよそ20~40時間の運転で0%になります。

水流が激しい場所でご利用いただく場合、操作をあまりしない場合でも姿勢制御のためモータが稼働しますので、パラメータが低下することは問題ありません。

パラメータが0%になりましても操作上問題なくご利用いただける場合、そのままご利用を続けていただいて問題ありませんが、ご購入から6ヶ月以内かつ累計使用時間120以内に0%になりました場合、保証の対象となりますので一度メンテナンスチェックを受けていただくことをお勧めいたします。

弊社サービスセンターにてモータの推力に問題がないか、その他機能に問題がないか水中動作テストを行い、問題がないことを確認した時点でパラメータ値をリセットさせていただきます。こちらについては部品代、技術費のいずれの費用も発生いたしません。

 

なお、動作テストで問題がなくともご希望があれば左右、垂直いずれのモータの交換を承ることはできますが、その場合は保証期間内であっても部品代と技術費をいただきますのでご了承ください。

コントローラを手動でペアリングする方法を教えてください

機器を交換した際や「接続されていません」のメッセージが出た場合には、手動でコントローラやPowerSeekerのペアリングをやり直すことができます。ペアリングをやり直す場合には、PowerRay本体とベースステーションを接続する必要があります。また、PowerRay本体とベースステーション以外にペアリングを手動設定したい機器も電源が入っている状態にする必要があります。

コントローラを手動でペアリングする方法は下記の通りです。

① Vision+アプリを起動します

 

②画面右上の設定ボタンをタップします

 

③下部メニューからリモコンの項目をタップします

 

④リモコンのペアリングをタップします

 

⑤ リモコン本体のシールに記載のシリアル番号のうち、下6桁を入力し、確認ボタンを押します

 

録画の途中で色味が変わります。ホワイトバランスの固定方法を教えてください。

Vision+アプリでホワイトバランスを設定する方法をご案内します。

注意:この操作を行うには、PowerRay 本体とスマートフォンが接続されている状態になっている必要があります。
ベースステーションと本体、スマートフォンを接続した状態でご利用ください。

 

① アプリを起動し、青色の「PowerRay スタート」のボタンをタップします

 

② 画面右側のメニューの中からカメラパラメータ設定の項目をタップします

 

③ 「AWB」(オートホワイトバランス)の項目をタップします

 

④ オート以外に、色温度を白熱灯、D4000、D5000、晴れ、曇り、D9000 からお選びください
お好みのものをタップして、設定完了です

解像度の変更方法を教えてください

Android OS

Vision + Android OS版での録画解像度変更の方法をご案内します

 

 

 

 

 

①     Vision + 航行モードの画面でカメラパラメータ設定をタップ

 

 

 

 

 

 

②     録画画素数の項目をタップ

 

 

 

 

 

 

③     ご希望の録画画素数をタップ

④     「<」の戻るマークをタップし、航行モードの画面に戻ります

 

 

iOS

Vision + iOS版での録画解像度変更の方法をご案内します

 

 

 

 

 

①   Vision + 航行モードの画面でカメラパラメータ設定をタップ

 

 

 

 

 

②   録画画素数の項目をタップ

 

 

 

 

 

 

③   ご希望の録画画素数をタップ

④   「<」の戻るマークをタップし、航行モードの画面に戻ります

 

Vision +アプリはどんな端末で利用できますか?

Apple Devices

iOS 9.0 以降の下記機種

iPhone

• iPhone 5s
• iPhone 6
• iPhone 6 Plus
• iPhone 6s
• iPhone 6s Plus
• iPhone SE
• iPhone 7
• iPhone 7 Plus
• iPhone 8
• iPhone 8 Plus
• iPhone X

iPad

• iPad Mini 3
• iPad Mini 4

 

Android Devices

Android 5.0以上に対応している機種

※Android端末につきましてはすべての機種を確認しておりません。
Android 5.0以上に対応していればご利用いただけます。下記は一例です。

• Samsung Note5
• Samsung Note6
• Samsung Galaxy S5
• Samsung Galaxy S6
• Samsung Galaxy S6 Edge
• Samsung Galaxy S7 Edge
• Samsung S8
• Huawei P10
• Huawei P9
• Huawei P8
• Huawei Honor 8
• Huawei Mate9
• Huawei Mate8
• Xiaomi Mi5
• Xiaomi Mi5s
• OPPO R11S
• Moto Z
• OnePlus 5T

Android Tablets

• Huawei M3
• Samsung Tab S2

 

注意:vision+アプリは上記端末でインストールできますが、コントローラのホルダやVRゴーグルを使用する場合は、サイズに制限がございます。

  • コントローラのホルダで使用できるサイズ:41~175 mm
  • VRゴーグルで使用できる画面サイズ:4.7~5.5インチ